So-net無料ブログ作成
検索選択
読書感想文 ブログトップ
前の10件 | -

息子の「読書感想文」に震撼す。 [読書感想文]

 
 
 
夏休みの頭を悩ませる宿題のひとつでもある「読書感想文
 
うららの息子の小学校は一学期の国語の学習のまとめとしてこの「読書感想文」先に済ませていてくれたようで、
「読書感想文のまる投げ」を恒例としていたうららにとってはありがたい「ゆとり教育」?の一例なのだ
 
 
 先日、成績表などと一緒に持ち帰った息子の「読書感想文」
タイトル
おちんちんのえほん

おちんちんのえほん

  • 作者: さとう まきこ, やまもと なおひで
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 大型本
 「なんちゅう本を選んでくれとるんじゃ~」ってつっ込みたくなるのをグッとこらえつつ感想文に目を通す。
 
以下原文ママ
 
 「おちんちんのえほん」をよんで思ったこと
 
 ぼくは、この本をよんで分かったことがある。
 
 1つは「おちんちん」はおしっこをするためだけではなくて、『大人になったとき「いのちの元」を作り出すということ。
 
 2つ目は、ぼくのママの口ぐせ。
ママはごくがこまっているとき。
 ぼくの苦手なプールの日、遠足、うんどう会の前の日なんかに
 
「○○ちゃんはねママの宝物だよ」と言ってギューっと抱きしめてくれるんだ。
 
 今までは、なんとなくはずかしくて
「もう、いいよ~」って言っちゃってたんだけど今なら分かる気がするんだ。
 
 パパとママの「いのちの元」がくっついて、それが9ヶ月もかけてゆっくりとママのおなかの中で赤ちゃんになるんだ。
 
 ぼくが生まれてくるのをたくさんの人が待っていてくれたそうだ。
 
 「ぼくのいのち」自分の命を守ること、ぼくはまだ子供だけどパパやママがぼくのことを大切に思ってくれるようにぼくもぼくの「いのち」を守りぬく。
 
 そして今度はぼくが大人になって「いのち」を育てるんだ。
 
 
 ママ。
 ぼくに「たからもの」って言ってくれてありがとう。
 ぼくもママのことがゲームよりも、もっともっと「たからもの」だよ。
 
 ちょっとはずかしいかもしれないけど、ぼくが大人になってお父さんになる日がきたらぼくも絶対に赤ちゃんに言ってあげるんだ
 「たからもの」だよって。
 
 
息子よ~今までの母の狼藉を許しておくれ~
 
そんな風に思ってくれていたんだね。てっきり息子のゲームとはいいライバルかもなぁって思っていたんだよ(^_^;)
 
 
それにしても我が息子ながら読み手のことを考えたこの文章。
 
 だって普段の生活の中じゃあ微塵も感じさせないんだよホンとに
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
 
客観的に見て私に似通っている面が多々あるの息子(思考回路・性格・気質などの面においてね)
 
 もちろん見た感じも似ているみたいですが・・・( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )
 
 
そんなんだから私が言えることはこの一言 (´・ω・)y--oO○ エトー・・・
 
 
 
 「逆に怖い」
 
 
 
 
歪んでる?
 

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

出口のない海 [読書感想文]

先月?観に行った「太陽のうた」
映画はダメダメだったけど1つ大収穫があったのだ
 
 
 
何かっていうと・・・
 
 
予告編 
 
 
気になるタイトルは・・・
 
 
  
原作者は「半落ち」の横山秀夫さん
 
 
  終戦間近の日本海軍。存在さえも口外できずにいた秘密作戦「回天」
人間魚雷となり、ひたすら死ぬための訓練をかさね出口のない「回天」に搭乗し出口のない海へ出撃する若者。
 
 小学生の弟に「お国のため 立派に死んできてください」と言われたときの主人公・並木の心境は・・・
 またそれを隣で聞いていた両親・妹の心境は・・・
 
 戦争紛争 争いはなかなか絶える事がないのが現実だけど、
子供への思想教育だけはなくなって欲しいなぁって思うのが二字の母でもあるうららの率直な感想かな
 
公開までまだだいぶ日にちがあるのが残念(早くみたい~)
でも原作もとってもいい本なのです(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ 
だから映画になってくれてうれしいな
 

出口のない海

 ちなみに・・・
本を読んでほろりと泣いてしまうことは涙腺に不具合が生じやすいうららにはよくある出来事ではあるのだけれど声を出して号泣(慟哭かも)してしまったのは自分でもドッキリしちゃった(^_^;) Σ(゚Д゚;エーッ!
 分厚そうに見えるけど読みやすい本だから、集中して読めば半日もかからないかも♪
  
 
 
 
 
 

出口のない海

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

中津川女子中学生殺人事件現場 [読書感想文]

毎日たくさんの事件が溢れてもうすっかり忘れてた。

国道沿いのガソリンスタンドのすぐ裏に・・・(きっと儲かっただろうなぁ

 まだ停止線が貼られていましたがコッソリ進入す。|∀・)・・・・・

やっぱり人気はなかったけど野次馬対策なのか
 
 手書きなのが奥深い感じで( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )
 
 

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

秋田男児殺害事件について考察す。  [読書感想文]

秋田男児殺害事件。

ワイドショーも久しぶりに色めき立っちゃう事件なのだ。

1つの要因として鈴香容疑者が逮捕前にメディアに露出しまくったの大きいだろう。

 

 まぁ、何はともあれこの鈴香容疑者について思いをめぐらせて見る

 いじめられた過去。結婚出産→離婚。借金自己破産。生活保護。

これだけを取り上げてみると不幸のマーチが流れてきそう

 

 鈴香容疑者にとって彩香ちゃんってどんな存在だったんだろうか?

私が思うのは自分に課せられた課題のような・・・

煩わしくて面倒くさいけど、こなさなくてはいけない課題。

表面上だけでも、きちんとこなせば他者から評価される課題。

 しかもこの課題に関しては「いついつまでに提出して終わり」といったような期日もない期間無期限の途方もない課題なのだ。

う~む。投げ出したくなる気持ちも分かってしまう私も、鈴香予備軍かなぁ・・・

 

 閉鎖的な社会でもがけばもがくほど深みにはまるような・・・

 近所の人の立ち話を見るのもきっと鈴香容疑者には苦痛だったのではないだろうか?

 そのイラダチを子供携帯電話に向けたりしたのではないだろうか?

 水の事故で亡くなったとされる彩香ちゃんに対してのコメントをみるかぎり

自分自身の落ち度については言及していないように感じた。

 

 彼女の心の闇

 

ぽっかりと空いてしまったのは彩佳ちゃんのスペースなのであろうか?

それとも、ますます近所から浮き上がってしまったことによる疎外感なのであろうか・・・

 

 そして豪憲くんを殺害することでそのスペースはふさがったのであろうか?

 

 彼女の心の闇は彼女自身にも見えていないのかもしれない。

 

 

 

  


nice!(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

桜井さんとガリガリ君 [読書感想文]

やっぱり買っちゃった~

ミスチルのDVD♪

 

去年名古屋ドームの公演に初日に行ったことを思い出しちゃいました。

このときは最前列から2列目しかも中央の席。

たぶんもう最初で最後の桜井さんに急接近な一日だったのですっ(興奮)

 

はぁ・・・

 

それにしてもステキすぎるぅ~

 

購入後車の中でうれしさのあまりかなり挙動不審なうらら

 

踏み切りでねずみ取りしてたおまわりさんベルトして一時停止したにもかかわらず職質かけられてしまったのだ・・・

 

ふむふむとにかく運転中はうれしくても落ち着いて集中して臨まないといけないそうなのである。

 

 少しだけ交通法規の引き出しが広くなったうらら

これもDVD効果やるね~桜井さん

こんなDVD効果もうららの元にやってきちゃいました

「止めて~私を止めて~って世界の中心で叫びだしたくなるくらい(古いけどテンション↑で乗り切ります

うららの血中ミスチル度が急上昇なのだ。

 

 それしにてもガリガリ君はおいしすぎ(>_<)

新発売のピーチ味を今日初めて買ったら、当たっちゃうし~(キャー)

(実はガリガリ君の当たりを引いたのは4回目なうらら

 いかにガリガリ君を愛して止まないのかを物語るエピソードの1つなのだ。えっへん)

 ただ今ニュース23見ながらこのブログ作成中♪

桜井さんの歌声だけのために筑紫さんの肌寒いギャグと不自然な前髪に付き合っている、うらら

 筑紫さんの前髪効果もあってか今日もニュース一生懸命見れましたっ

 

ここをポチッとねweb拍手をくださいな♪


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

がんばらない [読書感想文]

がんばらない

がんばらない

あきらめない

あきらめない

  • 作者: 鎌田 実
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本
がんに負けない、あきらめないコツ

がんに負けない、あきらめないコツ

  • 作者: 鎌田 實
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本
生き方のコツ 死に方の選択

生き方のコツ 死に方の選択

  • 作者: 鎌田 実, 高橋 卓志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫

生き方のコツ 死に方の選択

  • 作者: 鎌田 実, 高橋 卓志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

NO MORE!パンダ! by赤尾さん [読書感想文]

小沢新代表誕生なんですね~

 

 ホントに一致団結できるのかなぁ

握手時の笑顔

2人とも目が笑っていなかった気がするけどなぁ

 

きれいな桜でしょ♪ 今日写メでもらっちゃったのだ

大事だから あげないよっ(*'ー'*)ふふっ♪

 

 今日は天気もよくてポカポカト気持ちがよかったので

タリーズコーヒーでテイクアウトしたエスプレッソ

故赤尾総裁を偲んでミルク少々と砂糖をドカッと投入してガブガブ

 

 「小泉さんにはいい風が吹くなぁ」と 風の谷の住民のようなことを

思いつつ、赤尾総裁がもしも現役の国会議員だったら今頃

ステッキをブンブン振り回しちゃって

国会議事堂の警備員さんも共産党の志井委員長も冷や汗ダラダラ心拍急上昇だろうなぁ・・・

 

 なんて想像をしてニヤリ

 

 はぁ・・・(-_-;)

 

最近はニュース番組がつまんなくて寂しい

バブル真っ盛りのドロドロコテコテ劇場が懐かしいなぁ。

 拘置所から護送される許英中被告やオウムの麻原元代表マスコミ

チキチキマシンレース

 

 そんなのはないほうがいいに決まっているんだけど

最近は刺激的なニュースがなくてつまんない。

 

 みんなデキレースみたい つまんな~い

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2003/11/19
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

ホワイトバンド [読書感想文]

日曜日にアマゾン♪注文した桜井さんのDVDが今日届きました

やっぱり早いね♪アマゾンv('▽^*)

 

去年の7月に行ったイベント・・・

DVDを観てたら、なんだか昨日のことみたいに思い出しちゃった(・・。)ゞ

 

ap bank fes’05

ap bank fes’05

  それからもうひとつ遅ればせながらの購入物件

 ホワイトバンド♪

 1本300円と安価なこともあって去年ライブの後ファミマに直行するも売り切れとのこと。

その後、つい日々の忙しさにまぎれて忘れてさってたんだけど

今回はすぐにネットの通販で購入

とりあえずサイズ違いで4本購入しちゃったヽ(^◇^*)/

早く届くといいな♪

 

 毎日を慌しく過ごしているとつい忘れてしまいがちなんだけど

この広い地球の経済大国日本に生まれて育ったこと。

これってある意味ではかなりラッキーなことだったりするのだ。

 

 想像もできないくらいたくさんの人たちが食べることができなかったり

学校に行くことさえもできないでいる。

 

 私の息子と同じくらいの年齢の子供たちが

「カラシニコフ」を握り締めていたり、地雷を気にして水を汲みんでいたりする事実。

 

 女の子にいたっては自分自身を切り売りしていたりする。

 

たまたま産まれた国が違ったことで、

違う価値観で同じ行為をいていたりする。

 自分の意思で行う売春と家族を養うための売春・・・。

 

 せめて後者はなくなって欲しいです。

あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。

あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。

  • 作者: 池間 哲郎
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本

 

私にできることってなんだろう?

一生懸命に考えても思いつかなかった。

でも考え続けることも大切なんだとも思いました。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

泣ける本です。 [読書感想文]

いつもいいことさがし―小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち

いつもいいことさがし―小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち

息子が産まれてから初めて買った育児本が
たまたまこの本の執筆者 細谷亮太先生でした。
 
 それ以来のお付き合い?なのでかれこれ8年目に突入
 
現在も聖路加国際病院の小児科医として勤務している細谷Dr.
 
外見もERのダグ先生みたいでしぶくて優しそうな先生なのです
 
 
はじめての育児百科―Baby‐mo

はじめての育児百科―Baby‐mo

  • 作者: 細谷 亮太
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: 単行本
ちなみにうららが出会ったはじめての「育児本」
 
この本はとにかくお勧めです
 
他の育児本もたくさん読んだうららだけどこの本だけは
子供の発達・成長でつまづいたり一喜一憂する母親の気持ちをとても
深く汲み取ってくれていた本だと思います。
 
 うららははじめての子育てを新しい土地でほぼ1人で体験したのだけれど
この本があったからこそ乗り切れたと今でも思えるくらいステキな一冊でした。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

AP BANK [読書感想文]

ap bank fes’05

ap bank fes’05

 うららもこの桜井さんのイベント行った1人だったりするのだ!

 

 それなのにこのDVDはなぜだかまだ未入手だったんだけど今日とうとうアマゾン

買っちゃいました!!

 

 その理由とは・・・

 

 違う公演日に行った友人から

 

「DVDに子供映ってたよ(ノ゚⊿゚)ノ」と。

とりあえず借りてみたらホントに映ってた

 

 会場に来ていた人たちにインタビューをしている人たちがいて、

私たち親子もインタビューを受けたんだけどその映像かなぁ・・・。

って勝手に想像していたんだけど勘違いでした。

 

 映っていたのはインタビューを受けている人たちの後ろでチョロチョロトせわしなく動き回り

私の逆鱗に触れる息子(6歳)

 

 まぁ環境問題を私に聞いたとて、

的を得た回答なんてできるわけもないか

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 読書感想文 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。